腰抜けメディアを尻目に大健闘の田中龍作!



NHK、朝日、毎日、読売、東京、産経、TBS・・・ふだんエラそうなことを言うマスコミが「山本太郎」と「れいわ新選組」を取り上げない。

11日の大阪梅田では話を聞きに集まった大群衆から期せずして「太郎コール」が巻き起こった。

12日夜の東京・品川の「れいわ新選組」決起集会では、広い会場が人、人、人で埋め尽くされた。正確な数を数えることが出来ないほど群衆が詰めかけた。

自民党や公明党、共産党と違い動員したわけではない。ネットや口コミで知り、集まってきた人々だ。まさに「太郎旋風」と呼ぶにふさわしい。

これほどの話題をマスコミは取り上げない。なぜ?どうして? 何を怖がっているの? どこに遠慮しているのか?

日本のマスコミは地に落ちた。新聞も、テレビも権力の走狗と化した。

そうした中でフリージャーナリストの田中龍作は、乏しい予算で懸命に山本太郎を現場取材し続けている。称賛したい。

◎【参院選】ポスター貼りから始まる革命 「自分たちがコントロールできる政治」

◎【れいわ那覇発】野原がつなぐ東京と沖縄 主婦「政府の近くにいてくれた方がいい」

◎【れいわ岡山発】懸命の太郎ボラ 「もう後がないからね」

◎【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」

◎自民大臣経験者が山本太郎に激励のTEL 「頑張ってくれ」

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/07/00020486

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント