追及される親分の姿を見せたくないためと山本太郎!

▼追及される親分の姿を見せたくないためと山本太郎!


 すでに100日近くにわたって開かれていない予算委員会。

 野党側は10月消費税増税や日米貿易交渉に伴うトランプと安倍の「密約」説、さらには北朝鮮問題など、政府の見解をただしたい懸案が山積しているとして委員会開催を要求している。

 ところが、自民党国対委員長の森山裕は、「何かあったらすぐ『予算委員会を開け』と言うのは国会審議の在り方としておかしい」と言い張った。

 「気は確かか?」と森山に聞きたい。キミは本当に予算委の役割というものを理解しているのか?

 予算委員会は予算にかかわるすべての問題を扱う場所で、花形委員会と呼ばれている。政治問題から経済、外交、文化、スポーツに至るすべてを論議する国会で最重要な機関だ。テレビ中継が入るのも予算委の特徴だ。

 そこを100日近くも閉じたままとは一体、どういうことか?

 この間も議員への「給料」はふだん通り私たちの税金で支払われる。仕事もせずにカネだけボッタクリ。これではタダ取りではないか。

 自民党がサボタージュを決め込んでいることについて山本太郎がズバリと言った。

 「選挙を前に、自分たちの親分(安倍晋三)が追及される姿を(テレビ中継で)見せたくない」からだ。

 なるほど、なにひとつ、まともに応えられない首相の無様な映像は見られたくないだろう。

 それほど頼りない首相なら、さっさと辞任してはどうか?

 そんなつまらない理由で大事な委員会を開かないなど許されることではない。数を力の与党の暴挙だ。国会軽視も甚だしい。

 有権者は沈黙していてはいけない。昨日100万人を超えるデモをした香港の人々を見習え、と言いたい。

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年06月10日 22:56
今日、100日ぶりに委員会が開催されたが…ニュース番組用に切り取られた場面だけでも、安倍首相や閣僚の答弁は、相も変わらず官僚が書いた、的外れで時間稼ぎのノラリクラリ陳腐な答弁だった。
休会中でも支払われる歳費は、ざっと計算しても、1日最低30万円を超える。
国会議員は何とも美味しい職業なのだ!!

ここ「半歩前へ」の記事が多く転載されている「阿修羅掲示板」や、山本 太郎議員を応援している「donのブログ」には、安倍や麻生や仲間たちが隠したい闇、国民への落とし穴が次々に告発されている。
中でも、日本の政財界トップを凋落・コントロールしている諸悪の根源の人物については

まだまだお勉強が必要ですね
↓5/25、26http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=don1110&guid=ON

裏の闇を知らぬ「お人好し」に徹して涙の人生を送るか?否か?
真実から目を反らし、見ない・聞かない・言わない 三猿に徹した人生は、本当に幸せになるのだろうか?

この記事へのトラックバック