香港民主派デモ103万人!中国返還以来で最大規模!

▼香港民主派デモ103万人!中国返還以来で最大規模!



 香港の民主派団体は9日、中国本土に刑事事件の容疑者を引き渡せるようにする「逃亡犯条例」の改正案に反対する大規模なデモを実施した。

 中国に都合の悪い人物が引き渡しの対象になる恐れがあるとして市民の反発が強まっている。主催者によると参加者は103万人(警察発表は24万人)で、1日のデモとしては1997年の中国返還以来、最大規模に膨らんだ。

 香港政府は6月中に立法会(議会)で成立させる方針で、対立が激しくなりそうだ。

 参加者は改正案への反対を意味する「反送中」などのプラカードを掲げ、香港島のビクトリア公園から立法会まで行進した。デモに参加したグラフィックデザイナーの王映晴さん(24)は「中国は香港の政策に干渉して、自由を奪ってきた。改正案が通れば、国際都市としての香港が終わってしまう」と話した。  (以上 日経)


詳しくはここをクリック
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45881850Z00C19A6000000/

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年06月10日 18:39
奇しくも?アノおぞましい天安門事件から30年…昨夜 NHKスペシャルが、逮捕も覚悟で顔を曝した、事件当事者とのインタビューと、当時 英国大使が取材し調査した極秘文書を公開し報道していた。
観光で来日する中国人は多分に、マナー違反などで悪評を呈しているが…中国人学生や若者の、正義を叫ぶ姿は素晴らしい!
日本でも1960年代~70年代には日米安保問題を巡って、学生と労働組合員が、連日の様に大規模な集会とデモ行進をしていたが。。
近年の日本の学生や若者は、せいぜいSNSで声を、それも僅かな声しか挙げないとは。。
余りにも情けない。。
声を挙げないのはなぜか?
諦め切っているのか?
60年安保の中盤頃に学生運動に身を投じたが…生活は、現状以下の貧しさであった。
菓子パン一個を分け合い、公園や駅の水道で水分を補給しながら…であった。 皆が『理不尽な政治は自分たち若者が変える!』と世論を味方に付けて戦った。
日本の若者よ!スマホを持つ手を繋ぎ合え!
集って話し合え!声を挙げたまえ!
香港の若者に続け!

この記事へのトラックバック