「パパ活」! 追い詰められた貧困女子大生たち!

▼「パパ活」! 追い詰められた貧困女子大生たち!


▼バイトでは学費と生活費が賄えないと「パパ活」!
https://85280384.at.webry.info/201906/article_53.html
の続き。
    

 東京私大教連の調査では、昨年度の親の仕送りは、調査開始以来、過去最低の8万3100円。入学費用の借り入れは自宅外通学者で平均238万円。年を追うごとに、大学生の経済状態は苦しくなっている。

 大学を辞めるか? 「パパ活」を続けるか?

 貧乏な女子大生は悩んでいる。

 今年1月、茨城県神栖(かみす)市内で、当時18歳の女子大生が他殺体で見つかった。容疑者として35歳の無職の男が死体遺棄容疑で逮捕された。でも、「2人の出会い」がまるで分からなかった。

 なぜ、放課後、東京から茨城まで容疑者を訪ねたのか? それが謎だった。

 しばらく経って、2人は「パパ活」で出会っていたことが分かってきた。

 『週刊新潮』は十数万円、あるいは30万円の金銭トラブルが起きていたことを報じた。「パパ活」のトラブルであろう。

 僕の見方だが「パパ活」は危険過ぎる。

 今回の事件がそうであったかは分からない。ただ、「パパ活」の中には「春」の売買もあるだろう。

 それにしても、貧困女子大生は自らの若さや性と引き換えにカネを得るところまで追い詰められているのか。

若者の「貧困」はここまできているのに・・・

政府は何をしているんだろう? (以上 サンデー毎日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック