また高齢者運転の死亡事故!都会は規制が必要!

▼また高齢者運転の死亡事故!都会は規制が必要!


 また、高齢者ドライバーの多重事故が起きた。こんなに頻繁に高齢者が運転する事故が続けば、大都市での高齢者のオートマチック車の運転に制限を加える時ではないか。

 同時に自動車メーカー側にブレーキとアクセルを踏み間違えないような車づくりを求めるべきだ。

 公共交通が乏しい地方と、マイカーに依存しなくても代替移動手段がある大都市は区別して考えるべきだ。

 高齢化はますます進む。このまま放置すれば、いつ何時、事故に巻き込まれるか分かったものではない。都会ではマイカーがなくても生活できる。

******************************

 4日午後7時すぎ、福岡市早良区百道で乗用車が反対車線を猛スピードで逆走して、複数の車と衝突しながら交差点に突っ込んだ。

 乗用車を運転していた早良区の小島吉正さん(81)と同乗していた妻の節子(76)さんの2人が死亡し、歩道にいた男性1人を含む、男女7人がけがをした。  (以上 NHK)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック