弱肉強食で「何が悪い」と開き直る権力者に鉄槌を!

▼弱肉強食で「何が悪い」と開き直る権力者に鉄槌を!



 私のブログ「半歩前へ」の「山本太郎の鋭い突っ込みに記者たちが沈黙した」を!「阿修羅」が転載してくれた。

 山本太郎が28日に記者会見し、重度の障害を持つ木村英子さんを参院選で「れいわ新選組」の公認候補予定者として発表したという内容だ。

 想像以上の反響に私自身が驚いたが、うれしかったのは、素晴らしいコメントの数々である。以下に紹介する。(原文のまま)

******************************

太郎さんの人選すごいわ。

 「何人も幸せに暮らせる権利を有する」とした日本国憲法を机上の空論にせず問題提起していこうとする姿勢に心から尊敬する。

 一番弱い立場の人が幸せに暮らせるということはすべての人が幸せになれるということにつながる。

 そんな世の中をつくれたらどんなにいいことか。

 今は強い者が大きな声でものを言い、他をさげすみ弱肉強食で「何が悪い」と開き直り、一人一人が分断され孤立している。

 その先頭に政府がいるこの異常な事態をこのままでいいとするのか否か参議院選挙が問われている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック