絶望!これが今どきの若者の生き方なのか?

▼絶望!これが今どきの若者の生き方なのか?



 日本生産性本部は2019年の新入社員を対象に「働くことの意識」につい調査し、結果を27日に発表した。

 「働き方は人並みで十分」「好んで苦労することはない」と答えた割合が過去最高を記録した。

働く目的について

「楽しい生活をしたい」の39.6%で
「経済的に豊かになる」(28.2%)
「自分の能力を試す」(10.5%)
「社会に役立つ」(9.3%)

  働き方について「人並み以上に働きたいか」を問うと、「人並みで十分」が過去最高の63.5%で、「人並み以上」の29.0%を大きく引き離した。

 「デートの約束があった時、残業を命じられたら、あなたはどうしますか」との設問に対し、「断ってデートをする」が36.0%だった。

 新入社員に対しては、「若いうちは進んで苦労をすべきだ」と言われることがある。このことに関し、どう思うか聞くと、「好んで苦労することはない」が過去最高の37.3%だった。    以上

*****************************

 就職氷河期がウソのような「ゆとり」ある回答が目立つ。新卒の就職は「売り手市場」と言われ学生は強気だ。いくつもの内定を平気で断る。

 「働き方は人並みで十分」「好んで苦労することはない」それでも、給料はそれなりに上がるだろう///。

 仕事が性に合わず、会社を辞めても人手不足だから、すぐ仕事が見つかるだろう・・・。

 万が一にもこんなことを考えていたら、とんだお門違い。世間はそんなに甘くない。

 国際競争が激しくなる中で「人並み」などと通用しない。厳しい査定に遭遇し、「依願退職」に追い込まれよう。

 若者よ、心せよ!

 ちょっと、就職状況がいいからと、世の中をなめてかかれば必ずツケが回ってくる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック