見出しだけで判断されてはかなわない!

▼見出しだけで判断されてはかなわない!



 近ごろは何でもかんでも「ナア、ナア」で適当に表面面だけ見繕う者が少なくない。ハッキリ言えば「なれ合い」だ。

 安倍晋三の暴走政治が幅を利かせるようになってから一層目立つようになった。

 野党に一種のアキラメがあるのか。分かっていながら野党の”風物詩”が繰り広げられる。見せられる側にとってはあまりに空しい光景だ。

 山本太郎はそんな儀式には参加したくないと拒んだ。

 彼は男だ。筋を曲げなかった。終始、立ち位置が一貫している。

 これほど腰の据わった国会議員は、今の与党にも、野党にも、いない。

 そんな山本太郎を、スマホを手から離さない人はしばしば早とちりをし、誤解する。

 見出しだけ見て判断するからだ。

 人を批判する場合は「相手の言い分」をしっかり聞いてからにしてもらいたい。

 財務大臣の問責決議に山本太郎が棄権したことを一部が批判した。

 これについて太郎が自身のブログで説明した。

 どう説明したかについては
ここをクリック

やっぱりぶれなかった山本太郎!
https://85280384.at.webry.info/201906/article_186.html

ついでにこちらもクリック
「山本太郎の判断と行動を支持する」と作家の山崎雅弘!
https://85280384.at.webry.info/201906/article_190.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック