山本太郎よ、「春画」方式の取材に注意せよ!

▼太郎よ、「春画」方式の取材に注意せよ!



 浮世絵に「春画」というものがある。男性器を極端に拡大した図柄で、まるで3本目の足かと見まがうほどだ。日本人がいくら好き者だと言っても実際には、そんな化け物は存在しない。

 マスコミの中には、時としてこの「春画」方式で記事を書く者がいる。

 例えば1000行分取材して、20行の記事にする。

 その際、ある意図の上に都合のいいところだけ「つまみ食い」して切り取って、記事を書けばとんでもない記事が生まれる。

 取材を受けた側の言いたかったことと異なる記事となる。

 そして記事が一人歩きをし、誤解が誤解を生み、場合によっては炎上することがある。

 山本太郎はこうした「春画」方式の取材に注意しなければならない。

 書いてくれるのはいいが、「はめる」ようなことを書かれては迷惑だ。

 今後、さらに山本太郎に注目が集まれば、「つぶしにかかる勢力」があの手この手で攻撃を仕掛けて来る。注意が必要だ。

 同時に太郎を支援する者は、動じることなく、しっかり腰を据えてかからねばならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック