「消費税10%にしろ」なんて言う労組があるかよと山本太郎!

▼「消費税10%にしろ」なんて言う労組があるかよと山本太郎!




 瓢箪ナマズのような野党第一党への山本太郎のいら立ちが手に取るようにわかる演説だった。

 今や自民党の完全な応援団と化した連合なるエセ労組に対しても太郎は容赦しなかった。

 この時は割れんばかりの拍手が起きた。みんな知っている。既成野党が「なれ合い政治」の片棒を担いでいることを見抜いている。

 それをズバッと太郎が言ってのけたので、「その声を待っていた」とばかり聴衆から「その通り!」との声が飛んだ。

 19日夜、新宿での山本太郎の演説会は大変な盛り上がりを見せた。通行人までが立ち止まり太郎の訴えに耳を傾けた。   ( )内は私の補足説明。

*************************
山本太郎の訴えである。

 連合も腐っている。「消費税10%にしろ」なんて言う労働組合あるかよ!何のための労働組合だよって話ですよ。

 今から仁義なき闘いが始まってますよ!けんか上等ですよ!

 それ(消費税を5%まで下げろ)が言えないなら野党は一つになれよってことですよ!

 消費税5%でまとまって闘かわないと、これ(現状を)変えられないんじゃないですか!

 その圧力をかけるために1人で旗、振ってるんですよ。

 今、ネットの中で流れてるんです。どうして予算委員会がこれだけ長期間にわたって何カ月も開かれていないか。

 その理由はなんだという質問を広島で受けました。それに対して私はその理由は「野党第1党のせいだ」ってこと言いました。

 だって自民党側とセッションするのは野党第1党なんだから。(立憲民主党と自民党の)筆頭間協議ですよ、筆頭間協議!

 それに対してどうして、(立憲民主党は)しっかり突っぱねないのっていう話なんですよ。

 私は質問に対して「立憲民主党ですよ」って答え言ったんです。

 それに対してどうして野党を叩くんだって(批判された)。 違うよ!立憲民主党の支持者がお尻叩けゃいいじゃないか! 何をユルユルやってんだって話ですよ。

 参議院に(野党が勝って)ねじれつくるって気迫がないなら、どうして政治やってんですかって話ですよ。

 何時、やるんですかって! 今、次の選挙は、その次の選挙のための地固めなんですって。いい加減にしてくれますか、ですよ。何年苦しんだら、(野党は)その苦しみから解放されるんだって話ですよ。

 希望を見せてくれってことですよ。それを見せられるのは政治だろって。

 与党側に見せられたこの地獄みたいな景色を変えられる、一緒にやろうって。

 変えてみせるって、私たちがやればこんなに生活が良くなるよっていう旗を振って、みんなに希望を持たせて、それで一緒に力を集めて変えていくっていうのが野党の仕事だろって!

 万年野党でいるつもりかって話ですよ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック