縮む日本!高知県の人口がついに70万人割れ!

▼縮む日本!高知県の人口がついに70万人割れ!



 こういうニュースを目にすると、なんだか切なくなってくる。縮む日本を象徴するような気がする。

************************

 高知県の今月1日時点の推計人口が、戦後初めて70万人を下回ったことが分かった。

 6月1日時点の推計人口は、前の月から数百人減って69万9000人台に落ち込んだ。高知県の人口が70万人を下回るのは昭和19年以来で、戦後初めて。

 人口が70万人を下回る都道府県は55万人余りの鳥取県と、67万人余りの島根県と合わせて3県。

 国勢調査では高知県の人口は昭和30年の88万人余りがピークで、都市部への人口流出が止まらないことに加え、平成2年以降、死亡した人の数が生まれた人の数を上回る「自然減」が続くなど人口の減少に歯止めがかかっていない。  (以上 NHK)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック