無人運転で列車が逆走、15人が重軽傷!

▼無人運転で列車が逆走、15人が重軽傷!



 1日午後8時15分ごろ、横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で列車が進行方向とは逆に走り出し、車止めに衝突。乗っていた15人が重軽傷を負った。

 ホームページによると、シーサイドラインは運転士のいない無人運転を実施。運転士の役目を果たす自動運転装置に記憶された走行データに沿って出発駅から次の駅へと自動で運転している、という。

 人手不足からJRなど電鉄各社は電車の無人運転化を急ぐ構えだが、「すべて機械任せ」で大丈夫なのかと心配になる。

 いくら性能が向上しても、機械はやはり機械だと思う。人間のような「臨機応変」の対応はできないのではないか。そんな人間が運転しても事故が絶えない。 この事故はいろんなことを考えさせられた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック