政権を批判する番組がまた一つテレビから消える!

▼政権を批判する番組がまた一つテレビから消える!



 政権を批判する番組がまた一つ消えると「女性自身」が書いた。日ごろテレビをあまり見ない私は恥ずかしながら、こんな番組があることを知らなかった。

 それにしても、このところの「女性自身」の活躍は目を見はるものがある。女性週刊誌としては異例の、政治など硬派なテーマをたびたび取り上げている。

 特に原発問題は福島の現状などをきめ細かに継続して伝えている。「女性自身」の編集に敬意を示したい。

**********************************

くりぃむ上田「政権批判番組」の後継番組MCは自民党議員の娘

 「与党の幹部は(金融庁の)報告書は無かったんだから、議論する必要もないみたいな発言なんですけど、恥ずかしくないんですかね?」

 「本当に無責任な政治になったなぁと思いますよ」

 これは6月15日に放送された『上田晋也のサタデージャーナル』(TBS系、土曜朝5時30分~6時15分)での、くりぃむしちゅー・上田晋也(49)とジャーナリストの龍崎孝氏(58)のやり取りだ。

 '17年4月1日から放送されてきた同番組が6月29日に終了し、2年3カ月の歴史に幕を閉じることが明らかになった。7月6日(土)から、同時間帯では情報番組『まるっと!サタデー』が放送を開始する予定だ。

 毎回、ゲストを呼び、その時々の時事問題について解説するというのは、他の情報番組と同様だが、同番組が違ったのは、政権に対する厳しい批判を辞さなかったことだ。

 6月15日の放送では、イージス・アショアの配備に関するずさんな調査と、金融庁の「2000万円報告書」について扱った。森友学園問題における公文書改ざんや、厚労省による裁量労働制のデータ隠ぺい問題についても言及され、「結論ありき」「不都合な事態をなかったことにする」というのが安倍政権の体質だと批判した。

 また、6月8日の放送では、芸能人の“政治的発言”の炎上問題を話題に。過去の政権ででは同様の炎上はなかったとして、政権批判が許さない空気は、第二次安倍政権で醸成されたものであるという議論が行われた。

 他にも、'18年7月の「西日本豪雨」の夜に安倍首相を含む自民党議員が懇親会を開いていた問題や、辺野古埋め立て問題などでも、厳しく政権を批判してきた同番組。安倍政権にとって、“目の上のたん瘤”のような番組だったことは間違いない。

 ちなみに後継番組『まるっと!サタデー』のMCを務めるのは、TBSの駒田健吾アナウンサー(45)と田村真子アナウンサー(23)。入社二年目の田村アナの父は、田村憲久衆議院議員(54)だ。

 15日の放送で、「民主主義の国においては、(結果だけではなく)プロセスを見せることも大事」と語った上田晋也。6月29日の最終回までに、番組終了のプロセスを自らの口で明かしてくれることに期待したい。 (以上 「女性自身」)

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年06月19日 10:06
残念だ!毎週、視聴して溜飲を下げていた。
上田氏曰く「芸人が政治の話題に介入するのは悪くて、安倍総理がお笑い番組に出るのは良いのか?」

日本の言論環境が轟音を発てて壊れていく。。胸が潰れ絶望感が襲う。。

この記事へのトラックバック