輸入中国わさびから国が定めた基準値の7倍の農薬!

▼輸入中国わさびから国が定めた基準値の7倍の農薬!



 これだから中国からの輸入品は「要注意」だ。中国共産党の幹部や富裕層は中国産の野菜は食べない。3倍から5倍高い日本産を口にするという。

 中国人が食べないようなものを、日本が輸入する神経が分からない。安価な外食は、どんな食材が使われているか判断不能だ。食べる際は、それなりの「覚悟」を決めてかからないといけない。

 だから私は国産品を使った「内食」にしている。

******************************

 大阪市は12日、同市浪速区の「明星貿易」が中国から輸入した生わさびから国が定めた基準値の7倍の農薬「プロシミドン」が検出され、食品衛生法に基づき同社に回収を命じた。

 この農薬は植物のカビを防ぐ殺菌効果があり、食品安全委員会の実験では、ラットの肝臓や精巣に影響を及ぼすことが確認されている。

 わさびはもともと日本が原産だが、近年では雲南省や四川省、インドネシアなどでも栽培されており、加工用に輸入されている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年06月14日 23:29
中国産食品は劣悪である。。とは広く周知されているが。。
特に、外食産業では原材料費の都合上、必ず使われている筈だ。
そして。。。怖い放射性物質汚染農産物…未だに止まらない産地偽装。。
何れも要注意だ。
手間はかかるが、内食や手弁当が賢明だろう。
先ほど読んだばかりだが…女性の生理ナプキンからも、発癌性物質の農薬が検出されたそうだ。

欧米では禁止扱いの農薬だが、日本では百均店でも販売している。
知恵を働かせて自己防衛しよう。
因みに…農薬などにはハーブ茶やニラや葱などの香草野菜が、農薬成分を体外へ出すと云われている。

この記事へのトラックバック