万博前に大阪メトロが全駅で顔認証改札導入!

▼万博前に大阪メトロが全駅で顔認証改札導入!



 NHKによると、2025年に大阪・関西万博が開催されるのを前に、大阪メトロは、2024年度に全ての駅で顔認証の改札システムを導入することになりました。

 顔認証システムでは、改札に取り付けたセンサーが利用客の顔を読み取り、事前に登録した顔写真と一致するか判断します。

 大阪メトロによりますと、顔認証の入場方式が実現すれば、乗車券やICカードを使わずに地下鉄に乗車できるようになるということです。  (以上 NHK)

*****************************

 これだけでは尻切れトンボだ。中途半端な報道である。

 肝心の支払いはどうするのか?

 事前に銀行引き落としなどの手続きをとるのか?

 観光客など地元以外の人はどのようにして乗ればいいのか?

 などの点についてNHKは触れて欲しかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年05月10日 16:40
遂に、恐れていた国民監視が完了しそうだ。

一昨年の暮れ辺りからネット上では、諸外国で強化される国民監視。。
既に、日本でもマイナンバー・カード内蔵のICチップや、スマートフォンで、持ち主の居場所は要因に判別され、各種ポイント・カードでは購入した商品やチケットの情報は、ビッグデーターで総務省と警察が把握していると訊く。

オーストラリアでは、既に、掌に挿入したマイクロICチップで、駅の改札口や銀行のITMも、掌を翳すだけで済むようになっていると。。。
現在は任意装置のマイクロチップは近々、義務化され監視対象となると物議を醸している。
加えて「ナノ・チップ」は既に、ワクチンの中に入っている。とも。。
ペットの犬猫に装置が義務化されつつあるマイクロチップは、人間に装置する為のテストだったと。。

癌発症や脳機能障害の危険も危惧される、マイクロ電磁波…スマートフォンや電子機器は、妊婦や幼児の側では使わないよう促す国もある。ご存知だろうか?デジタルテレビやスマートフォンには、盗聴・盗撮装置が内蔵され、数年前から製造された家電全てには盗聴装置が内蔵されていることを。。日本のみならず、人類は何処まで暴走を極めるのか?
嘆かわしく恐ろしいことである。

この記事へのトラックバック