あえて日米地位協定に触れないNHKは報道機関か?

▼あえて日米地位協定に触れないNHKは報道機関か?



 拉致問題と沖縄の基地負担軽減の担当大臣を兼務する菅官房長官は、9日から4日間の日程で米国を訪れ、ペンス副大統領やポンペイオ国務長官らと会談する。

 菅官房長官は、米軍普天間基地の移設計画をめぐる政府と沖縄県の対立が深まる中、普天間基地の全面返還を実現するためにも、沖縄の基地負担の軽減や、在日米軍の再編を着実に実行していく方針を改めて確認したいとしている。 (以上 NHK)

**************************

 NHKの報道は肝心なことが抜けている。

 「今回の訪米で、沖縄担当大臣の菅官房長官が日米地位協定に触れるかどうか注目されます」となぜ、付け加えないのか?

 基地問題の最大の懸案日米地位協定だ。同様に米軍基地を抱えているドイツやイタリアなど他国に比べ、日本は圧倒的に不平等だ。

 戦闘機が落ちようが、米軍関係者による殺人事件や強姦事件が起きようが、日本の警察には捜査権がない。

 日本はいまだに米国の“占領下”にある状態だ。いつまで、こんなことを許しておくのか?

 NHKが報道機関であると自認するなら日米地位協定に触れない報道は欠陥報道だ。

 こんなことは承知の上だ。知っていながらなぜNHKは伝えないのか。放送しないのか? どうしてパスするのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年05月09日 12:42
周知の方は少なからず居ようが。。
官邸内には、米国政府機関が、NHKには米国諜報機関が常駐しているそうだ。
未だに日本は、米国の属国、日本州に過ぎない…との記述には頷ける。
「無条件降伏」した日本国は、永久に独立を放棄したに等しい。それでも、愛国心と知恵豊かな日本人は、賢明に抗い戦後復興に邁進してきたが…一部の金儲けと悪知恵に長けた輩どもが、米国と裏取引して、政治・司法、警察権力まで手中にした。
故に、腐敗政治は続き、国民生活は格差と重税に喘いで止まない。
裏で無能な政治屋は、せっせと返済無用の米国国債を買い続け、貢いでいる。
米国在住の日本人情報に拠ると…米国は沖縄の基地を、訓練し易い本州へ移したい。
地位協定は永久に代えない。
日本と日本人は米国の奴隷だ。と。。
菅官房長官の渡米は、金委員長代理との根回し会談であろう。2度目のトランプvs.金正恩会談で、経済窮状を訴える金正恩にトランプは「安倍に会えば金は貰えるぞ…」と。

無条件!?というリスキーな会談パフォーマンスをしたい安倍…ポチの世話役、菅は拉致問題や沖縄問題など、眼中にも無いだろう。
NHK職員や安倍一族は、山本太郎の爪の垢でも煎じて飲むがよかろう!

この記事へのトラックバック