態度豹変!安倍晋三、あの話はどうなった?

▼態度豹変!安倍晋三、あの話はどうなった?



 安倍晋三は6日夜、トランプに電話した後で記者たちに、北朝鮮とは「条件を付けずに向き合わなければならない」と語った。

 安倍は、横田めぐみさんたちが北朝鮮の工作員に誘拐された拉致問題が解決しない限り、北朝鮮とは会談しないと常に強調した。

 「拉致は安倍政権が解決する」「拉致被害者は必ず取り戻してみせる」-。

 このように選挙の度に「拉致」を散々、利用して、この期に及んで「使い捨て」にするつもりなのか?

 無条件で金正恩と向き合うというのは拉致問題を放棄したということなのか? 

 そもそも安倍晋三は拉致問題を真剣に考えてなどいない。自分の人気取りに利用しただけだ。

 金正恩を「ロケット・ボーイ」と非難したトランプがコロッと態度を変えた途端に、ポチの安倍は親方に従って豹変した。

 今にも北朝鮮が攻めて来るかのように「国難だ」「国難だ」と騒いだのは誰だ?

 無節操の極みである。

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年05月08日 10:15
安倍の「山門芝居」それも、筋書きも中身も空っぽの最低レベルのパフォーマンスだ!
最大限、善意に解釈する支持者いわく「安倍総理は再起不能の認知症障害者だろう。自分が発した前言を認知出来ていないのだ…可哀想だ…」と。
こんな支持者が、低脳悪魔の安倍をノサバラセ、売国させているのだ!
一般社会で、最も信用されないのは、言をコロコロ変える人間である。

選挙勝利の為の道具と化した『拉致被害者救出』
支持者は勿論、有権者は、眼を全開して、過去の安倍や自民公明の選挙公約を精査するが良い!
馬鹿なポチに追随して、何時まで、何処まで騙され苦しめば気が済むのだ!

この記事へのトラックバック