安倍晋三はいつからおとこ芸者になったのか?  

▼安倍晋三はいつからおとこ芸者になったのか?  



 「安倍晋三がトランプを見るあの目つき。気持ちが悪い」と私の友人が吐き捨てた。媚びへつらうにも限度があるというのだ。これではまるで太鼓持ち、花柳界の幇間だ。安倍晋三はいつからおとこ芸者になったのか?

 「卑屈と思うほどトランプに媚びを売る」と硬派のブログ「かっちの言い分」が鋭く批判した。思いはみな同じだ。以下に転載する。

******************************

 安倍首相のトランプ大統領への接待は、傍からみると、こびへらいのように見えて仕方がない。

 相撲の観覧などはやり過ぎである。過去の実績からみるとめちゃくちゃな待遇である。

 また、一緒にゴルフをすることを、安倍氏はまるで手柄のように喧伝するのが、何ともそのような手法がいやらしい。

 本当の親密はゴルフなどでは計測出来ない。ゴルフ外交が国家元首の国民への手本とは情けないと思っている。卑屈と思うほどのトランプに媚びを売る。これが選挙に勝つための手段と考えている。

 28日には天皇皇后が、トランプ夫妻が泊まっているホテルに出向いてお別れをするために出かけるという。こんなことは前天皇の場合はやっていたのだろうか?

 天皇陛下自身が発案した訳ではないので、安倍首相が決めたのだろう。もしそうなら、それこそ政治が天皇を利用したと思っている。

 トランプ氏はビジネスマンであり、いくら接待を受けてもビジネスの核心は決して譲らない。

 トランプ氏は「8月に日米に素晴らしいことを発表する」とばらしてしまった。

 共産党志位委員長は、「選挙の間は隠しておこう」ということでしょうとツイートしている。これが正にトランプの交渉術である。公式の場で、F36戦闘機を104機日本が買う述べた。

 農産物の牛肉などは今やTPPの枠でオーストラリア産が圧倒的に輸入されている。ここにトランプは米国産をゴリ売りしてくるだろう。

 志位委員長が予算委員会で聞くと言っているが、安倍首相は徹底的に知らないと言うだろう。野党は安倍氏のパフォーマンスに苦々しく思っているが、野党はまずは選挙で勝つことが最大のパフォーマンスであり、それに注力すべきである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年05月28日 08:45
芸の無い、売れない芸者は『媚び』を売る。
正に安倍そのものを指している。
しかも、日本の象徴『天皇両陛下』まで従わせ利用するとは…言語道断!
ひと昔前なら、不敬罪だ!

どんな手法で天皇両陛下を凋落したのか?
いくら国賓とはいえ、天皇両陛下が宿泊先まで出向いて見送りなど・・・
前代未聞である。
上皇両陛下の御心中や如何に? 「品格の無い安倍に追随してはならない!」と天皇両陛下を諌めて戴きたいと願って止まない。

この記事へのトラックバック