日本を破滅に導く安倍晋三首相の野望!

▼日本を破滅に導く安倍晋三首相の野望!



ブログ「半歩前へ」
<< 作成日時 : 2016/05/13 23:57 >>

▼改憲は祖父、岸信介の夢
 A級戦犯の烙印を押された祖父、岸信介に対する汚名返上と、未達に終わった「祖父の思い」を実現するのが私の願望だ。こうした私怨から、国家を間違った方向へ持って行こうとする安倍晋三。 

 そんな安倍自民党を結果的に、有権者は選んでしまった。多くが投票に行かず、有権者の6人に1人しか票を入れなかった自民党が、圧倒的な議席を獲得した。すべて小選挙区制のなせる業である。  

            
 自分で考え、判断する日本人がもう少し多ければ、こんな愚かな選択はなかった。選挙のツケはいつも有権者に回ってくる。

 「集団自衛権」と「集団安全保障」の違いが分からない人が多い。安倍政権はこのあたりをごまかし、国民を欺いた。だから大半の国民が誤解している。
    
 「集団自衛権」は、例えば米軍が攻撃された場合、支援し反撃する。日本を守るための法案ではなく、「米軍支援のための法案」なのだ。

 「集団」と付いているためごまかされるが、日本を守るためにはこれまでの「専守防衛」と、日米安保条約で十分なのだ。

 「一方的に日本だけ守ってもらうだけでいいのか。日本も米軍を守らねば」という。これが安倍政権のウソ。デタラメ。ダマしなのだ。日米安保の真の狙いは、「米国が極東ににらみを利かせる」ためで、日本を守るのは第2義的。

 日本政府は、沖縄を丸ごと米軍基地として差し出した。さらに岩国、三沢など各地を米軍基地として提供。米兵が飲酒運転で日本人を殺傷しても罪を問えない。

 捜査権もなし。いまだに「治外法権」が続く。不平等な日米地位協定が存在するためだ。しかも、死亡した日本人の慰謝料は、日本政府持ちだ。

 まだある。基地の土地を提供しただけでなく、米軍関係者が住む庭付き住宅や高級マンション並みの兵舎からスーパーマーケット、映画館、ゲームセンター、プールに至る遊戯施設まで、すべて日本側が負担。

 毎年、約2000億円の「思いやり予算」を私たちの税金で賄っている。

 米国は、韓国はじめドイツ、イタリアなど各国に基地を保有しているが、これほど米軍を優遇している国はどこにもない。他のすべての国が負担する総額より日本一国が米軍に差し出す金額の方が上回っている。

 これでもまだ、日米安保は「一方的」だと言うか? 承知の通り、米国はべトナム戦争、イラク戦争、アフガン戦争と戦い続けた結果、財政が悪化。今年は兵力を4万人削減した。

 「世界の警察官」は過去の夢と消えた。その穴埋めをしようと手を挙げたのが愚か者の安倍晋三だ。

続きはここをクリック
http://26663082.at.webry.info/201605/article_41.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック