中国製ドローンは危険がいっぱいと警告!

▼中国製ドローンは危険がいっぱいと警告!



 ワシントン(CNN) 米国土安全保障省は20日、中国製のドローンについて、飛行情報が中国のメーカーに送信されている可能性があり、その情報は中国政府がアクセスできる状態にあるとして、そうしたドローンを使う米国の組織に警戒を呼びかけた。

 CNNが入手した警戒情報によると、国土安全保障省は中国製のドローンを巡り、「組織の情報に対する潜在的リスク」に言及。

 そうした製品に搭載された部品は「あなたのデータを侵害し、その会社を越えてアクセスされるサーバー上であなたの情報を共有できる」としている。

 米国とカナダで使われているドローンは、中国のDJIの製品がほぼ80%を占める。

 警戒情報ではそうしたユーザーに対し、中国製のドローンを購入する場合は注意するよう呼びかけ、インターネット接続を無効にしたり、SDカードを取り除くといった対策を講じるよう助言。

 「国家安全保障あるいは国家の重大な機能にかかわる業務を行う組織では、スパイ活動のリスクや機密情報が盗まれるリスクが増大する恐れもあり、特に警戒しなければならない」とした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年05月23日 23:37
中国は怖い独裁国家である。
『五千年の歴史』を誇っているが…醜い内戦の歴史であり、無益な五千年ではなかっただろうか?と想えてならない。
御人好しで真面目で繊細な日本人には到底、理解不能な国である。
中国製品然り!特に家電の危険性は、20年前から囁かれている。 例えば…コンセントの殆どには、盗聴装置が内臓と。。そして近年は、通信機器は基より、家電の全てに盗聴・盗撮装置が内臓されている…と訊く。
日本の家電メーカーも、今や工場は殆どが中国に在り、日本製品も同様に危なくなっていると。。
何もかも信じられない嫌な世の中だ。
悪知恵に対抗する唯一の術は、偏に『見抜く力』を養うしかないであろう。

この記事へのトラックバック