危険な原発廃炉への外国人受け入れに「待った」!

▼危険な原発廃炉への外国人受け入れに「待った」!



 根本匠厚生労働相は21日の閣議後記者会見で、東京電力福島第1原発の廃炉作業に「特定技能」の外国人労働者を受け入れることについて「極めて慎重な検討が必要だ」と述べた。

 同省は東京電力ホールディングスに検討結果の報告を求める通達を同日発出。受け入れを目指す同社に「待った」をかけた形だ。 (以上 時事通信)

***********************

 当然だ。原発の廃炉作業は一つ間違うと、日本に住むすべての人々の命と健康にかかわる危険な作業。

 日本人同士でも防護マスクをつけての作業はミスが起きやすいのに、外国人には無理だ。

 「意思の疎通が不十分だった」、と後で言われても、それこそ「あとの祭り」。

 廃炉作業は悪魔との闘い。いつまで続くか見当もつかない危険な仕事だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック