飯塚幸三でNHKが世論の新たな「印象操作」!

▼飯塚幸三でNHKが世論の新たな「印象操作」!




 「アベさまのNHK」はどこまで権力に迎合するつもりなのか?  

 池袋で母子をひき殺し、多数にけがを負わせた飯塚幸三が、被害者に謝罪の「手紙を出した」と鬼の首でも取ったかのように自慢げに報道した。

 しかも今度は、飯塚幸三「元職員」と言った。

 「幹部だった飯塚幸三元職員」というのもおかしな無理むりむり表現だ。幹部なら幹部でいいのではないか。現にヤクザの場合、「何々幹部56歳」と言っているではないか。

 最初、NHKは「87歳の男性」と匿名にして飯塚幸三の名前を報道しなかった。

 ネットで飯塚幸三が「元経産省の官僚だからソンタクしたのか」と騒がれ、激しい批判にさらされ、「飯塚幸三元院長」と、経産省の天下り団体の一つ、工業技術院当時の肩書を持ち出した。

 それでも「なんだ元院長とは?飯塚幸三を上級国民扱いするのか?」と指摘を受けたので、「元職員」 に切り替えたようだ。

 12人を死傷させた犯人が手紙を書いたからと言って、わざわざ、取り上げるほどのニュースなのか?

 NHKによる世論の新たな「印象操作」でしかない。

 弁護士の入れ知恵かどうか知らないが、手紙が書けるぐらいなら、「警視庁は身柄を拘束して本格的な取り調べを開始すべきだ」となぜ、報道しないのか?

 こういうことだから、NHKは「権力の回し者」と言われるのだ。

************************
これが問題の報道だ。

 先月19日、東京 豊島区東池袋で乗用車が暴走し自転車に乗っていた31歳の母親と3歳の長女が死亡し、10人が重軽傷を負いました。

 運転していた旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(87)は事故直後、「アクセルが戻らなくなった」と話していましたが、車に不具合は確認されておらず、警視庁は運転ミスが原因とみています。

 元職員が、事故でけがをした人などに謝罪する内容の手紙を送っていたことが関係者への取材でわかりました。 (以上 NHK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック