半歩前へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 深刻!米中が各分野のトップ独占、日本ゼロ!

<<   作成日時 : 2019/05/12 11:18   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

▼深刻!米中が各分野のトップ独占、日本ゼロ!



 危惧していたことが数字となって表れた。引用回数が多い科学論文の各国の割合を比較したところ、米国と中国が各分野のトップを独占し、日本は1位となる分野がゼロだった。

 この6、7年、日本のノーベル賞受賞者が受賞後の記者会見で、「この先、日本から受賞者はしばらく出ないだろう」と口をそろえて警鐘を鳴らしていたのを覚えている。

 安倍政権は目先の結果を重視し、基礎研究予算を削減し続けた。その結果、研究現場は若手研究員の人件費にも事欠く状況だ。

 現状を知った優秀な若者たちは「研究の夢を捨て」て、一般企業に就職する者が相次いでいる。研究現場は資金不足と人材不足の二重苦に悩まされている。

 資源の乏しい日本は「人材こそ宝」と、歴代内閣は研究、開発に力を入れ、今の日本の礎を築いてきた。

 安倍晋三はこうした日本の土台を根底から揺さぶった。

***********************
 日本の研究力が相対的に下がっていると科学技術振興機構が警鐘を鳴らしたとNHKが伝えた。

 振興機構は、引用回数で世界の上位10%に入る質の高い自然科学系の論文について、人工知能やバイオテクノロジー、天文学など151の分野ごとに各国の割合を比較した。

 その結果、米国が151分野のうち80分野で1位だった。残りの71分野は中国が1位となり、米中が首位を独占。日本は1位の分野がなく、がん研究など2つの分野の3位が最高だった。

 科学技術振興機構の伊藤裕子特任研究員は「予算が突出した米中がトップになるのはある意味当然といえるが、5位以内をみても日本の研究力低下が鮮明になった。深刻に受け止めるべきだ」と警鐘した。  (以上 NHK)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
深刻!米中が各分野のトップ独占、日本ゼロ! 半歩前へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる