沖縄県民の87%が天皇陛下に「好感」と沖縄タイムス!

▼沖縄県民の87%が天皇陛下に「好感」と沖縄タイムス!



 天皇、美智子皇后両陛下の誠意が沖縄の人々の心を揺り動かした。沖縄に思いを寄せる両陛下に人々は心を開いた。

 天皇陛下に「好感」87% 沖縄県民、30年で大幅に変わった意識、と沖縄タイムス社が伝えた。

 沖縄に寄り添うと言いながら、民意を踏みにじり、米軍基地建設に血道を上げる安倍晋三。

 この違いはどこから出て来るのだろう。

***********************

 「平成」を終え「令和」を迎えるのを前に、沖縄タイムス社と琉球放送(RBC)は27、28の両日、沖縄県内の有権者を対象に県民意識調査(電話)を実施した。

 皇太子時代の5回を含む計11回、沖縄を訪問した天皇陛下の印象は
「好感が持てる」が87・7%に上り、
「好感が持てない」の1・8%を大きく上回った。

 即位から約1カ月後の1989年2月調査では、新天皇に「親しみを感じる」は53・0%だったが、在位中に好感度が飛躍的に上昇した。

新元号「令和」の印象は「好感が持てる」の58・2%が、「好感が持てない」の13・5%を上回った。

 天皇制に関する見解では
「今と同じ象徴で良い」が78・1%、
「日本の元首と定める」が5・1%、
「廃止した方が良い」が9・3%、
「分からない」が7・5%。

 元号の必要性は「必要と思う」が67・1%、「必要と思わない」が22・7%、「よく分からない」が10・2%だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック