飯塚幸三が原子力マフィアの一員だったこれだけの証拠!

▼飯塚幸三が原子力マフィアの一員だったこれだけの証拠!



 逮捕されない元通産官僚・飯塚幸三について、ブログ「半歩前へ」に「コイツは長年、原子力村でも血税を貪ったそうではないか」との投稿があったので調べてみた。

 確かにあった。飯塚幸三は紛れもない原子力マフィアの一員だった。

 原子力委員会が昭和61年8月22日に開いたフクイチ(東電福島第一原発)の原子炉の設置変更に関する会議に次のような記述があった。

 「原子力委員会専門部会の構成員の変更について核融合会議の構成員のうち等々力達を飯塚幸三に変更することについて、資料に基づき説明がなされ了承された」-。

 池袋で母子を轢き殺しておきながら、救急車も呼ばず、電話で息子に隠ぺい工作を指示した飯塚幸三は原子力委員会専門部会に在籍し、福島原発の原子炉設置変更にも関与していた。

 「池袋暴走事故」で逮捕されない元通産官僚・飯塚幸三の関連ページが次々消失、Wikiの「上級国民」ページもいつの間にか削除されていた。

 こんな卑怯な男、飯塚幸三を朝日もNHKもマスコミは「87歳の男性」と匿名で呼んだ。次に飯塚幸三さんと「さん」付けした。母子2人をひき殺し、8人に重軽傷を負わせた男に「さん」付けしたのである。

 理由は警察が逮捕しなかったからだという。

 警察が動かないと何もできないのか?  

 自社で判断することが出来ないのか?

 ネットの批判炎上を受け、元工業技術院長から引用し「飯塚幸三元院長」に代えた。

 「飯塚幸三容疑者」と言えないのなら、「飯塚幸三」と呼び捨てでいいではないか。なぜ、そう言わないのか?

 私は「事件」発覚当初から飯塚幸三と呼び捨てにしている。当然ではないか。

 100キロ越えの暴走運転で、これだけの大惨事を起こしておきながら、119番より、おのれの過去の履歴の隠蔽工作を優先した外道だ。

① 息子の飯塚智浩に指示電話。 
② フェイスブックの削除 
③ 自宅電話の解約 
④ 弁護士への根回し 
⑤ Twitterの削除 
⑥ Wikipedia編集ページのロック 
⑦ ストリートビューで自宅にモザイク 
⑧ 経済産業相の勲章贈呈ページの削除

 実に手際のよいことだ。組織的に隠ぺい工作をしたとみるのが妥当だ。

 ウィキペディアをロックする前に1972年から2015年の職歴が削除されていた。

 もう一度言う。「原子力委員会専門部会に在籍。東電福島原発の原子炉設置変更にも関与」していたからだ。

 飯塚幸三が、原子力マフィアのメンバーだったことを知られたくなかったのだ。

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年04月30日 19:53
管理人と同様の視点で、日々言論活動をしている「donのブログ」に、轢き逃げ犯・飯塚幸三を庇う理由がまだ在った…しかも国際的利権が群がる『大型ハドロン衝突型加速器(LHC)』にも関与していたと。。
元記事は
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=don1110&guid=ON

底無しの曲者の事故現場には、池袋警察署の署長や黒服の軍団も馳せ参じていた。
更なる怒りと恐怖で背筋が寒くなった。

この記事へのトラックバック