危機!偏西風に乗って日本が放射能汚染!

▼危機!偏西風に乗って日本が放射能汚染!



 東電福島の爆発のあと、安全性への疑問や事故に備える費用の上昇などで世界的に見直しの動きが出ている中で、中国はさらなる原発増設を目指している。

 世界の流れに逆行する中国の動き。大規模な原発トラブルが起き、放射能が流出すれば、偏西風に乗って日本列島が汚染される危険性がある。人ごとではない。

 今年1月現在、中国で稼働中の原発は前年より7基増え44基となった。中国は電力需要の増加に対応するため、原発を次々建設。ほかに建設中や計画中の原発が38基ある。

 先進国では、フクイチ(東電福島第一原発)の大惨事のあと、ドイツが脱原発に踏み切った。原子力大国と言われるフランスも原発依存の比率を引き下げる方針を示した。

 聞くところによると、中国は原発の管理もズサンで対策も不十分だという。

 中央政府がいくら注意を喚起しても、中国は昔から「面従腹背」が常識の国。

 こわもての中国共産党も、経済に関しては手に負えないという。

 それだけに無秩序な原発が心配だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック