混乱!想像を絶することが今、韓国で起きている!

▼混乱!想像を絶することが今、韓国で起きている!



今、韓国で何が起きているのか? 

あなたはどれほど知っているだろうか?

想像を絶することが起きている。

この結果に誰が責任を負うのだろうか?

韓国の有力紙が自国の現状をレポートした。

***********************

 複数の労働団体が15日、釜山市長室前を占拠。占拠はもはや日常の風景となったが、今回は「もっと金を出せ」ではなく「労働者像の撤去は親日」「市長は謝罪せよ」だった。

 民労総などが日本領事館前に設置した「少女像」から「労働者像」のある場所までの150メートルを「抗日通り」として宣布。5月1日のメーデーに大規模集会を開催しようとしたところ、釜山市が労働者像を撤去。5月1日に日本の新しい天皇の即位式が行われることも考慮されたようだ。

 ところが執務室に閉じ込められた釜山市長は「労働者像設置の趣旨には共感する」との文書を発表し譲歩した。

 「外交関係に関するウィーン条約」によれば、外国公館のすぐ前に少女像や労働者像を設置することはできない。

 この条約には韓国も加入している。ベトナムの韓国大使館前にこのような像が設置されたらわれわれはどう感じるだろうか。

 歴史問題と、実際の外交関係を区別できなければ、社会からの支持や共感を得ることなどできないだろう。

 日本領事館前の少女像も釜山東区庁が2016年にいったん撤去したが、当時与党代表だった文在寅大統領がこれを「親日行為」と非難。再び設置された。

 ところが文在寅政権は発足後、日本領事館前に労働者像を設置させなかった。一貫性など何もない。

 最近は全国のさまざまな学校で備品などに「親日ステッカー」が貼られ、数十年にわたり歌われた校歌をなくし、道路や町の名称まで変えようとする動きが出始めている。

 「日本の木」という理由で、街路樹が切り倒されるケースもある。

 これに今度は労働組合まで抗日闘争に加わり始めたのだ。

 今年は解放から74年、大韓民国政府樹立から71年だ。今われわれは世界で7番目に、人口5000万人以上、所得3万ドル(約340万円)以上の国になった。

 あらゆる分野で世界と協力し、また競争していかねばならないのだ。

 それが今、国内では100年前にまで時計を逆回転させ「抗日闘争」に熱を上げている。

 異常な行動が行き過ぎてしまうと、いつかその代償を払わねばならなくなるだろう。 (以上 朝鮮日報)

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年04月18日 11:06
韓国政府は常に失政を省みず、その場しのぎの「反日」モードで遣り過ごす手法だ。
血の気の多い?短絡思考の国民は、自らの憤懣を「反日」行動で消化している様にしか見えない。
心底、反日ならばなぜ?嫌いな日本に留まって稼いで、その上「在日特権」の甘い汁を貪る生活をしているのだ!
さっさと帰国して母国で暮らせば良い。
ヘイトに執られる事を畏れず言わせて貰えば…盗人猛々しい!

比べて、我ら日本人は余りにも寛容過ぎる。
争いを嫌う国民性は、喪われゆく「品格」の最低限のモラルであろうが。。
とにかく、政府は直ちに「在日特権」を排除すべきである。

戦後賠償は、とっくの昔に支払い済みなのだ。 日本人は公民ともに、堂々と反論の声を挙げ行動するべきだ。

この記事へのトラックバック