日本の金持ち上位50人の保有資産は20兆円!

▼日本の金持ち上位50人の保有資産は20兆円!



 フォーブスが日本長者番付を発表した。ここに登場するのは大半がブラック企業。

 人を奴隷のようにこき使い、疲弊し、うつ病などにかかろうものなら、たちまち、いとも簡単に切り捨てて“新品”と交換する。

 使い捨て。彼らにとって従業員は単なる「部品」に過ぎない。

 ユニクロ、ソフトバンク・・・2018年の日本の金持ち上位50人が保有する資産の総額は、

 1860億㌦(約20兆6700億円)だそうだ。

 桁違いの額に言葉がない。

*************************
フォーブスの記事である。

日本の富豪 の個人資産

1位 柳井正   2兆7670億円
2位 孫正義   2兆6670億円
3位 滝崎武光  2兆0670億円  
4位 佐治信忠 1兆2000億円
5位 三木谷博    6670億円


 孫の保有資産も前の年から21億ドル増加して240億ドルとなった。

 保有資産で孫を上回ったのは、ユニクロ、衣料品大手ファーストリテイリングの創業者で、2016年以来のトップとなった柳井正だ。

 保有資産は249億ドル。前年から56億ドルの増加となり、この一年で最も大幅に資産を増やした。

 資産を大きく増やしたもう一人は、計測器メーカー、キーエンスの創業者である滝崎武光だ。保有資産は10億ドル増えて186億ドルとなり、前回の4位から1ランク順位を上げた。

 東証1部上場のキーエンスは、工場の機械やロボットの性能を監視するために使われるセンサーにより、中国で安定的な成長を続けている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年04月12日 17:25
仰る如く、列記の資産家の資産の由来には必ず、虐げられた汗と涙の労苦が存在しています。
例えばユニクロ…低価格の理由は、東南アジアの工場で安い賃金で働く縫製労働者が存在する。
御指摘の数十兆長者?に加えて、日本には億単位の貯蓄を有する資産家は千万人単位で居るやに聞く。

彼らに問いたい。
何の為に稼ぐのか?
何の為に貯蓄するのか?

稼ぐ為に稼ぐのか?
貯める為に貯めるのか?

ならば、マネーゲームに過ぎないではないか?
持てる者の使命は、持たざる者を助けるべきではなかろうか?
小金持ちの億万長者は、詐欺に遇って「こんなことなら寄付でもしておけば良かった…」と反省する心になるのだろうか?

資産表や預金通帳の数字に悦に入って居るだけなら、憐れこの上ない愚か者であろう。

限られた人生、持てる者は「何の為に…」を考えてみて欲しい。
せめて、順当な納税をして欲しい。

この記事へのトラックバック