福島原発の「悲劇の元凶」は安倍晋三だった!

▼福島原発の「悲劇の元凶」は安倍晋三だった!



 安倍晋三のデマ情報流布によって、国民の多くがデマの策略にハマった。

 何も知らない者は2011年3月の東電福島第一原発の放射能悲劇が民主党政権の責任だと思っている。

 そうではない。原発破裂に伴う放射能の拡散をもたらした元凶は安倍晋三だった。

 一次政権で今と同じ内閣総理大臣の椅子に座っていた2006年、安倍晋三は国会で福島原発事故と同じ事態が起きる可能性を指摘されながら、「日本の原発でそういう事態は考えられない」として、対策を拒否した。

 その結果、世界史に前例のない大惨事を引き起こした。日本列島は放射能で汚染され、放射能のチリは遠くヨーロッパやアメリカ大陸まで拡散した。

 日本は地震大国。原発事故は早くから危険性が指摘されていた。

 発の話が持ち込まれた際、調査にやって来た原発メーカーGEの技師3人がそろって「日本に原発建設は適していない」と警告した。

 真実を語った3人は直後に解雇された。

 原発「人災事故」が起きる5年前に、国会質問でその可能性が指摘されていたのだ。リテラが克明にレポートしている。

 これだ↓
https://lite-ra.com/2015/03/post-933.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック