半歩前へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 慶大の集団強姦「不起訴」に続くブーイング!

<<   作成日時 : 2019/03/22 08:01   >>

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

▼慶大の集団強姦「不起訴」に続くブーイング!

 慶大生による集団強姦事件が「不起訴」となったことに、ネットでは今もブーイングが続いている。

 闇に包まれた慶大の集団強姦事件。

 一番大事な不起訴の理由を検察が今も明らかにしないからだ。

 なぜだ? どうして公開できないのか?

以下は再録である。
<< 作成日時 : 2017/12/02 15:56 >>

 2016年9月に神奈川県葉山町で18歳の慶応大の女子大学生に強い酒テキーラを飲ませて泥酔させた上に集団で強姦した慶大学生6人について横浜地検は、不起訴処分としたものの、肝心の不起訴の理由を明らかにしなかった。

 当時の慶大塾長が安倍晋三と親しい清家篤だったので、その辺りの空気が“微妙に”検察当局に影響したのではないか、と言われているが、真相は強姦魔・山口敬之事件と同様、いまだ藪の中だ。

 「週刊現代」の元編集長、元木昌彦が昨年の投稿で「慶應は三田の色魔大学とすべきだ。そうすればまともな学生は来なくなるし、女子学生も警戒して寄ってこなくなる」と喝破したが、全くだ。

 慶大側はこれで一件落着として、終わらせたいようだが、世間は納得していない。顔見知りとは言え、当時18歳の女子学生に無理やり強い酒を飲ませ、泥酔させた上に集団で強姦。

 その上、現場で性交写真まで撮り、仲間の学生がその模様をそこにいない知り合いに“実況中継”していたという。犬畜生にも劣る行為だ。

 強姦犯たちは不起訴処分というお墨付きを得て、再び大手を振って闊歩しよう。だが、寄ってたかって、野獣どもから辱めを受けた女の子はどうなるのか? 大学に救いを求めたが、木で鼻をくくったような対応で、門前払いを食わせた。泣き寝入りをしろと言うのか?

 余りにもひど過ぎはしないか?こんなことを許せば、第2、第3の強姦事件が起きよう。慶応の女子学生は男どもの性欲のはけ口に過ぎないのか?

 今回の集団強姦事件は、強姦魔・山口敬之の不逮捕と図式が同じだ。安倍政権と近い距離にいる者はすべてが“治外法権”。そんな不合理を甘受してはならない。犯人たちを絶対許してはならない。

 野獣どもによって、傷ものにされた女子大生が気の毒過ぎはしないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慶大の集団強姦「不起訴」に続くブーイング!  半歩前へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる