ロシア疑惑で米朝会談どころではなかったトランプ!

▼ロシア疑惑で米朝会談どころではなかったトランプ!



 米朝会談の決裂について、西村昭彦さんがフェイスブックでトランプの「ロシア疑惑」が大きく作用しているのではないかと言った。

 元側近のコーエンが米議会の公聴会で証言する姿をトランプは固唾を飲んで見つめていたのではないかと西村さん。

 おのれの尻に火が付いたトランプは米朝会談どころではなかったのか?

***********************
西村昭彦さんがこう言った。

首脳会談でこれほど中身のないものはかつてなかったように思います。

 いざ本番になってあのような結果になったのは、トランプに突然降って湧いた弁護士コーエン氏による公聴会で、トランプのスキャンダルの数々の暴露が原因していたのではないかと思われます。

 トランプは側近から小学5年生レベルの常識、知恵しかないと揶揄された人物です。大統領には相応しくない精神的な不安定さを抱えた人物です。

 トランプはホテルでコーエン氏の公聴会をテレビでずっと見ていたようです。会談が物別れになったのはその直後のことです。

 あの公聴会の内容が今回の会談を物別れに持っていったそのものではないかと思います。トランプならそれくらいのことはあり得ると思います。

 コーエン氏によれば、「トランプとはアメリカ国民のためを考えるよりも、自分のブランドイメージを上げる人間であり詐欺師だ」と言わせてしまうレベルの人間だからです。

 日本の誰かとよく似ています。だが、二人ともブランドイメージは下がりっぱなしですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック