電卓の「電」の字が頭に浮かんでこない!

▼電卓の「電」の字が頭に浮かんでこない!


 卓上電卓が古くなったらしくて、しばしば誤作動を起こす。600円ほど出して新しいのを買った。

 それはいいのだが、メモしておこうとして、ボールペンを手にいざ、書こうとしたら電卓の「電」の字が頭に浮かんでこない。

 コワイことだ。ふだん字を書くことがほとんどない。何でもパソコンに任せている。「denntaku 」とローマ字打ちすれば、自動的に「電卓」と漢字に変換してくれる。その結果、まともに「電」の字が書けなくなった。

 「電」は電気の電だから小学校で習うのではないか。その字がスッと頭に浮かばず、書けないのだ。情けない話だ。字というものは普段から書き慣れていないと、いざと言う時に、出てこない。

 今、小学生と漢字の書き取りをしたら、間違いなく負けてしまう。字の輪郭はぼんやり浮かぶのだが、書いてみると、漢字に似たヘンな字?になってしまう。

 パソコン依存の大きな落とし穴である。もう一度、小学校に入学するほかないのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック