サービスの良さで人気の公共の宿と落語と人情と!

▼サービスの良さで人気の公共の宿と落語と人情と!


 久しぶりに房総に出前寄席を届けた。

 全国屈指の人気を誇る「サンライズ九十九里」である。
 詳しくはここをクリック
 http://www.sunrise99.jp/

 全長約60キロに及ぶ雄大な九十九里浜のほぼ中央に位置し弓型に張り出した全室オーシャンビューの素敵なホテルだ。

 サービスの良さと料理自慢が評判を呼び、常に公共の宿泊施設ベスト5に入っている人気ぶりだ。リピーター客が多い。

 とにかく料理が抜群。特に魚は新鮮でうまい。天ぷらなどは見ている目の前で上げてくれる。名物、屋台のイワシの一夜干しは食べ放題。

 東京駅前から直通の乗り合いバスでホテルまで90分だから便利だ。

 玄関を入ると、吹き抜けのロビーには何百体と言うお雛様が緋の毛氈に鎮座して迎えてくれた。これだけ並んでいると圧巻だ。

 私たちがなぜ「サンライズ九十九里」を大事にしているかと言うと、2009年3月14日に初めて訪ねた際、支配人をはじめホテルのみなさんが大変よくしてくださったからである。

 会議室を無料で貸してくださったほかに、会場の設営からマイクの調整まですべてやっていただいた。古今亭志ん朝などと噺家の個人名を書く「めくり」まで用意してくれた。

 感激したのはロビーの応対。宿泊客に部屋のカギといっしょに私たちの落語会のチラシを渡し、ひとりひとりに「説明」していた。その様子を見た私たちは、感激で胸が詰まった。

 ここまでしてくれるところはない。その時の感謝の気持ちから「サンライズ九十九里」をホームグランドのように考え、寄せていただいている。

 ある時、開演前の会場を見て驚いた。本職の噺家が使う立派な座布団が高座に敷いてあった。

 「やめてくださいよ支配人。私たちはこんな立派な座布団に座るほどの腕を持っていませんので」と恐縮する私。

 これに対し、「いえいえ、みなさん方は宿泊代を払って泊っていただいたほかに、無料で落語をやっていただいております。これは私たちからの感謝の気持ちです」と支配人が言った。

 これほどありがたいと思ったことはない。その時私は思った。「サンライズ九十九里」での「つくも寄席」は絶対に続けなくてはならない。

 ここ数年は相棒の落語仲間が体調を崩しご無沙汰していたが、以前のように年に数回は落語を披露したいと考えている。

 「サンライズ九十九里」と言う名前の通り、4階の展望風呂に首まで浸かって、水平線から朝日が昇るのを眺めるのは最高の気分だ。まさに絶景である。 

 今回は、午後4時からの「夕席」と、同8時からの「夜席」の昼夜2公演である。

 「夕席」は愉快な滑稽噺の「粗忽長屋」「カラオケ病院」「居酒屋」「寝床」。

 そして「夜席」は「転失気」「初天神」のほかに、チョイと色っぽい吉原の廓噺「明烏」「お見立て」を披露した。

 おかげさまで大変な大入り。お客様から頂くいっぱいの笑顔と拍手。これだから出前寄席はやめられない。「サンライズ九十九里」の皆さんに感謝である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック