言い出しっぺがしり込み? 何だそれは?

▼言い出しっぺがしり込み? 何だそれは?


 【ソウル共同】元徴用工訴訟を巡り、日本政府が1965年の日韓請求権協定に基づいて要請した政府間協議について、韓国は回答期限とした8日までに応じるかどうか返答しなかった。

 韓国側は8日も取材に対し「諸般の要素を考慮しながら検討中」と態度を明確にしなかった。

 日本側は、日本企業に実害が出ないような政府対応を早期に発表するよう圧力を強めているが、文在寅政権は急ぐ姿勢を見せておらず、関係悪化はさらに長期化する見通しだ。  (以上 共同通信)

**************************

 文在寅政権は、世界に向けてあれだけ大見得を切ったのだ。だったら白黒をはっきりすべきではないか。

 政府間で合意し、取るものを取っておきながら、後で言いがかりをつけて来る。これでは国家として信用されない。

 韓国は政権の支持率が下がると持ち出してくるのが日本への攻撃である。苦しい時の「反日頼り」とイチャモンを付けて来る。

 では、そのイチャモンについて話し合おうというとテーブルに着こうとしない。なぜなのか? 理不尽で無理難題を押し付けていることを、文政権自身が承知しているからだ。

 私からすると、グータラ息子が年金暮らしの親に「もっと小遣いよこせ」と脅しているようなものだ。無茶をいうものではない。

 同じことを中国にやってみたらいい。間違っても中国は日本のように寛容でないことだけは確かだ。

 韓国はいい加減に、苦しい時の「反日頼り」から卒業すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック