半歩前へ

アクセスカウンタ

zoom RSS ソ連で150万人が逮捕され、70万人が銃殺された!

<<   作成日時 : 2019/02/08 12:33   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

▼ソ連で150万人が逮捕され、70万人が銃殺された!



 スターリンの犯罪は「許されない」と考えているロシアの広い層に北方領土問題の本質を根強く訴える努力が必要だ。ソ連では150万人が逮捕され、70万人が銃殺された。

 だから日本が降伏した後に占拠したのが北方4島だと丁寧に説明する必要があると産経が主張した。

 鋭い指摘だ。

 日本政府はこの努力を怠って来たのではないか? 

 理屈が分かるロシア人の心情に訴えることは重要だ。

*********************

 安倍政権に求められるのは、ソ連の独裁者スターリンの「犯罪」である北方4島占拠の問題性と、それを返還によって是正する正当性をロシアに毅然として求め、国際社会へも訴えていくことだ。

 「北方領土の日」は、1855年の2月7日に日魯通好条約が調印されたことにちなむ。条約は択捉、国後、色丹、歯舞群島を日本の領土として国境線を定めた。北方4島はこれ以来、他国に帰属したことがない。

 ソ連は第二次大戦末期の1945年8月9日、スターリンの決定で日ソ中立条約を破り、対日参戦した。

 日本が降伏した後に占拠したのが北方4島である。

 4島奪取は、戦後の領土不拡大をうたった大西洋憲章(1941年)やカイロ宣言(1943年)に反する。

 ロシアでは北方領土問題の不当性への理解が足りていない。日本の外務省と在露日本大使館は、ロシア国民に向けた広報活動に本腰を入れてもらいたい。

 その際、4島奪取は「スターリン体制の犯罪」だという視点がロシア人に理解されやすい。

 スターリンによる弾圧がピークに達した1936―37年だけで、ソ連では約150万人が逮捕され、うち約70万人が銃殺された。

 多くのロシア人に犠牲となった親族がいる。

 スターリンの犯罪は許されないと考えているロシアの広い層に北方領土問題の本質を根強く訴える努力が必要だ。

 ソ連・ロシアに苦しめられた国々の行動にも学びたい。

 旧ソ連の秘密警察が大戦中の40年、ポーランド人将校ら約2万2000人を銃殺して隠蔽した。「カチンの森事件」と呼ばれる。

 ソ連はこれを「ナチス・ドイツの仕業」と宣伝したが、ポーランドは粘り強く、国内外にソ連の犯罪だと訴え続けた。

 その結果、90年にはソ連は秘密警察の関与を認めた。

 2010年には、プーチン首相(当時)が慰霊行事に参加し、「スターリン体制の犯罪は正当化されない」と述べた。

 バルト3国は、独ソ不可侵条約の秘密議定書を受け、1940年にソ連に併合された。

 当事国を無視した密約は無効との認識が広がり、91年の独立回復につながった。

 ロシアが4島支配の根拠に挙げるヤルタ協定(45年)も日本と無関係の秘密合意にすぎない。

 ポーランドもバルト三国も、自ら「スターリンの犯罪」に声を上げ、結果を出した。

 ロシアに遠慮して黙っていたのなら成果はなかったはずだ。

 安倍政権はこれら対露交渉の成功例に学ぶべきだ。  (以上 産経)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソ連で150万人が逮捕され、70万人が銃殺された! 半歩前へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる