女子高生を事務所に連れ込み犯した田畑毅!

▼女子高生を事務所に連れ込み犯した田畑毅!


 準強制性交等(強姦)罪で刑事告訴され、自民党を離党した田畑毅が女子高生を騙(だま)して事務所に連れ込み、避妊具も付けず、犯したことが発覚した。

 こんな極悪非道な男が平気で国会議員を務めていたことが驚きだ。

 とどまるところを知らない自民党のセックス・スキャンダル。

 以前ならとっくの昔に内閣が崩壊していた。

 それがなぜ、安倍政府はビクともしないのか?

 性犯罪に不感症になった有権者のせいなのか?

*********************

 高校2年生の時に田畑毅に無理やり犯され、その様子をビデオで撮影された、と告白するのは関東在住のA子さんだ。

 「あれは2010年のこと。当時、私は16歳、高校2年生でした。

 その頃、ミクシィを頻繁に利用しており、クラスメイトと制服姿で撮ったプリクラなどをアップしていました。ある日、知らない男性から『こんにちは。ちょっとおじさんだけどいい?』とのメッセージが届いた。それが田畑さんでした」

 早大を卒業した田畑毅は日銀の職員を2008年に辞め、都内に行政書士事務所を開設していた。メールのやり取りを通じてある日、A子さんは田畑毅から「錦糸町においで」と言われた。

 「大学受験を控えて色々な悩みを抱えており、『話を聞いてくれるかもしれない』という気持ちがあり錦糸町駅に行くと、10分ほど歩いて『自宅兼事務所なんだ』という古びたマンションに連れ込まれた。

 田畑毅はクローゼットからダンボール箱を取り出すと、『これ、大人のおもちゃなんだ。試してみるか?』と聞いてきた。中には怪しい性具が詰まっていた。

 高校生の私は、そんなもの見たこともなかった。言葉を失っていると、田畑毅が力任せに覆いかぶさってきた。

 私は『止めて!』と叫び、必死に抵抗した。でも田畑毅は、痛がる私を押さえつけながらハンディカムを手に持ち、撮影し始めた。

 避妊具は付けたがらず『殺精子剤を使うから大丈夫だよ』と言って、そのまま押し入ってきた」

 当時16歳の彼女と関係を持ったとすれば、東京都の青少年保護育成条例に、時効(3年)とはいえ、明確に違反している。さらには強制性交等罪(5年以上の懲役)にもなりうる行為だ。こちらは時効(10年)にもなっていない。

 田畑本人にこの証言について再三、事実確認を申し入れたが、一切返答はなく、事務所も質問に対応しなかった。

詳しくはここをクリック
田畑毅衆院議員に「未成年淫行」疑惑
http://bunshun.jp/articles/-/10876

関連原稿はここをクリック
犯した「現場」をスマホで撮った自民党衆院議員の田畑毅!
https://85280384.at.webry.info/201902/article_209.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック