偏見とソンタクに満ちた報道を繰り返す醜いNHK!

▼偏見とソンタクに満ちた報道を繰り返す醜いNHK!



 NHKは、実力派俳優・新井浩文のレイプ事件では必要のない国籍までさらして、微にわたり細にわたって「これでもか」と執拗に詳細な報道をした。損害賠償も検討とNHK幹部が脅しをかけた。

 ところが、自民党衆院議員の強姦代議士・田畑毅については「自民党の田畑毅衆議院議員は、女性との問題を理由に、離党届を提出」「早大卒後に日銀の職員などを経て、平成24年の衆議院選挙で初当選し」と淡々と報道。

 これでは何のことかさっぱりわからない。

 田畑毅の強姦事件をスクープした週刊新潮は、「離党騒動の真相 被害女性が “盗撮被害”と“告訴”を独占告白」との見出しで大々的に報じた。

 それによると、名古屋市在住の20代女性とはSNSを通じて知り合った。おそらく「出会い系」ではないか。その女性が田畑を強姦(準強制性交等罪)で愛知県警に告訴したのは今月6日だった。

 飲みに連れて行き、「はしご酒」をして泥酔させた上で田畑は避妊具なしの行為に一方的に及んだという。

 「(動画には)全裸で横たわる私の姿が舐めるように写されていて…私の身体から、彼の“した後のもの”が流れるところも撮られていた」

 「避妊もしてくれなかったことがこれを見て初めてわかりました」と証言している。

 告訴状を提出した理由について、女性は「レイプや盗撮もそうですが、その後の彼のやり方が酷いと思ったからです。年明け、彼の弁護士から文書が来ました。そこには“お詫びの気持ちとして100万円をお支払いしたい”って」

 札束で頬を叩かれた気分だった、と女性は怒った。


 そんな強姦事件をNHKは「女性との問題」とだけ報じた。

 政府や自民党と名がつくとこれほどソンタクするのがNHKだ。これで公平な報道と言えるか?

 そもそも新井浩文のレイプ事件は「デリヘル」だという。

 報道によると、新井は「昨年7月1日、派遣型マッサージ店の30代女性従業員を自宅マンションに呼び込み、性行為に及んだとされる」とあった。

 ウィキペディアによると、デリバリーヘルスのことで、派遣型のファッションヘルス。出張ヘルスとも呼ばれる。店舗がなく、客の自宅やホテルに風俗嬢を派遣し性的サービスを行う業態だ。

 だとするならば、新井浩文をあそこまで追い込む必要があるのか?

 「デリヘル」というビジネスが存在しているのは、それだけ需要がある証拠ではないか? 矢を射るなら、方向が違うのではないか?

こんなのもあった。
「これが林文科相お気に入りのキャバクラヨガ」
https://85280384.at.webry.info/201804/article_267.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

読者
2019年02月24日 10:09
24日の朝日新聞を見たら番組表にNHKの大河ドラマの広告があった。広告を出させるために受信料を払っているのでない。いだてんは一度も見たことがないが、ここまで地に落ちているとは。

この記事へのトラックバック