身の危険も顧みず日本人の命を救おうとした韓国人留学生!

▼身の危険も顧みず日本人の命を救おうとした韓国人留学生!



みなさんは覚えているだろうか?あの悲惨な事故を?

 今から18年前の2001年1月26日、JR山手線の新大久保駅で、酒に酔った男性が誤ってホームから線路に転落した。居合わせた韓国人留学生、イ・スヒョン(李秀賢)さん(当時26)は日本人カメラマンの関根史郎さん(当時47)とともに転落した男性を助けようと線路に飛び降りた。3人とも電車にはねられて亡くなった。

身の危険も顧みず、人の命を救おうとした若者がいた。

 このニュースは当時、新聞、テレビで大きく報じられた。私は衝撃を受けるとともに、彼の勇気に感動で胸が震えた。

 事故から18年経った26日、東京・四谷の韓国文化院でイ・スヒョンさんをテーマにしたドキュメンタリー映画「かけはし」の特別上映会が開かれた。私も出席した。

 映画は2部構成。第1章「I am a  Bridge!」では、関係者インタビューによってイ・スヒョンさんの人生を浮かび上がらせるとともに、「日韓の懸け橋になりたい」と言ったイ・スヒョンさんの意志を継ぎ、日本全国からの見舞金を基にご両親が設立した奨学金を受けた留学生の姿を描いている。

 続く第2章「足跡をたどって」では、日韓の政府間では険しい関係が続く中、来日した韓国の大学生と日本の学生との交流や、歴史的に朝鮮半島と縁の深い奈良県・明日香村での学生たちのホームステイを通して民間交流の姿を描いている。

 95分の「かけはし」の上映後、舞台に立ったイ・スヒョンさんの母親のシン・ユンチャン(辛潤賛)さんは「留学したイ・スヒョンに日本の皆さんはとても親切にしてくださいました。

 息子はそのことを電話でいつも話していました。息子は日本が大好きでした。政治的に難しいいまこそ、『日韓の懸け橋になりたい』という息子の言葉は大きな意味があると思います」と訴えた。会場から賛同の拍手が沸いた。

ドキュメンタリー映画「かけはし」
詳しくはここをクリック
http://kakehashi-movie.net/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック