世の大人たちにも議論を喚起した東洋大生の「檄文」!

▼世の大人たちにも議論を喚起した東洋大生の「檄文」!

 これは東洋大学の学生が学内で配布したビラである。 この「檄文」は学内に留まらず、広く社会に向けて発信したものだ。学生はもとより、黙して語らない大人たちに対しても議論を喚起しているのだ。

 彼の主張はすべて正しい。どこにも問題はない。社会や政治に無関心な者が多い中で、この学生は問題の核心を見事にとらえている。この点だけ考えても優れた若者だ。

 誰もが言いたかったが言えなかった正論を、堂々と発信したのはこれが初めてだ。東洋大の学生の「勇気」に敬意を表したい。

***********************
これが東洋大学の学生が学内で配布したビラ。

 この大学はこのままでいいのだろうか?

 我々の生活が危ない!

 竹中氏の過悪、その一つは大規模な規制緩和である。

 特に2003年の労働者派遣法の改悪がこの国にもたらしたものは大きい。それまで限定されていた業種が大幅に拡大されることで、この国には非正規雇用者が増大したのである。

 「正社員をなくせばいい」や「若者には貧しくなる自由がある」といった発言は、当時の世論を騒がせた。

 しかしながら、この男まるで反省の素振りを見せない。

 「朝まで生テレビ!」という番組では、自らの政策の肝であったトリクルダウン(お金持ちが富むことでその富が貧しい者にも浸透するという理論)について、「あり得ない」というある種、開き直ったかのような発言をしており、まるで自分がやった責任について無自覚なようだ。

 また昨年、可決された高度プロフェッショナル制度については、「個人的には、結果的に(対象が)拡大していくことを期待している」などという驚くべき思惑を公言している。

 つまり、初めは限定的なものだからという理由で可決された労働者派遣法が、今これほどまでに対象を拡大したように、高度プロフェッショナル制度は、今後とも更なる拡大が予想されるのである。

 無論、我々も例外ではない。労働者はこれから一層使い捨てにされることになるのだ!!

 様々な利権への関与!?

 竹中氏が人材派遣会社のパソナグループの会長を務めているということも忘れてはならない。

 というのも、労働者派遣法の改悪は、自らが会長を務める会社の利権獲得に通じていたからだ。まさに国家の私物化である。

 また、最近では昨年法案の正当性について全く審議されずに可決された水道法改正案と入管法改正案についても関与していたことが明るみになっている。

 更に加計学園との関連も取りざたされており、今後ともこの男の暴走を追及する必要がありそうだ。

 今こそ変えよう、この大学を、この国を

 皆さんは恥ずかしくないですか、こんな男がいる大学に在籍していることが。僕は恥ずかしい。

 そして、将来自分や友達や自分の子どもが使い捨てにされていくのを見ながら、何も行動を起こさなかったことを悔いる自分が、僕は恥ずかしい。

 意志ある者たちよ、立ち上がれ!

 大学の主役は、我々学生なのだ。

 右も左も前も後も何にも分からない人も、みんな集まれ。

 民主主義は決して難しいものではない。

 共に考え、議論し、周りに訴えながら、もう一度みんなでこの社会を立て直そう!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック