被ばく!福島県民をダマした東大教授の早野龍五!

▼被ばく!福島県民をダマした東大教授の早野龍五!



 早野龍五。東大教授だ。原子力マフィアの回し者、早野龍五によってどれだけの福島の人々が放射能被害を被ったことか。

 この輩はフクイチ(東電福島第一原発)で炉心溶解を起こし、放射能が拡散した際、「大丈夫だ」「安全だ」、と県民をダマした。

 放射能について何も知らない福島の人たちは「東大のセンセイがああ言っているのだから大丈夫だべ」と早野龍五を100%信じ込み行動した。

 大丈夫かどうかはその後、白血病などのがんが異常発生で分かろう。

 そして今回、新たに発覚したのがこれだ。

「福島の放射能は安全」と言い続けてきた早野龍五が、

 個人被曝線量のデータを「3分の1に改ざん」していたのである。

 まともな学者がやることではない。

 コヤツの口車に乗せられた被爆者はどうなるのか? 「間違っていた」では済まされない。

 早野龍五は”犯罪者”である。福島県民をダマした「騙り」、詐欺師である。

驚愕の詳報はここをクリック
https://buzzap.jp/news/20181229-hayano-ryugo-lie/?fbclid=IwAR3v6PrwChJE6QiTMiPRPt4fUt6JxW0YvbBJeUuS4p2NHB6Pnn6lTshLNBE

関連原稿はここをクリック
ただ愕然!福島県の病院が驚くべき数字を公開!
https://85280384.at.webry.info/201812/article_191.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック