尋常ではない数字!恐れていたことが現実となった!

▼尋常ではない数字!恐れていたことが現実となった!


 東日本大震災前と昨年の比較。甲状腺がんは1人➡29人に、白血病は4人➡46人へと、それぞれ29倍から11倍に患者が急増。これは福島県の南相馬市立総合病院が明らかにした数字だ。

 尋常ではない数字だ。恐れていたことが数字となって表れた。

 2011年3月11日の東日本大震災の直後にフクイチ(東電福島第一原発)の水素爆発に伴う炉心溶解(メルトダウン)で、焼けて溶けた原子炉から大量の放射能が流失。風に乗って日本中に拡散した。

 がん患者の急増は福島にとどまらず、東北、関東など広範囲に及ぶのではないか。都道府県の医療機関で統計を取れば、同様のデータが明らかになるのではないか。

関連原稿はここをクリック

ただ愕然!福島県の病院が驚くべき数字を公開!
https://85280384.at.webry.info/201812/article_191.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック