ただ愕然!福島県の病院が驚くべき数字を公開!

▼ただ愕然!福島県の病院が驚くべき数字を公開!


 福島県の南相馬市立総合病院が驚くべき数字を明らかにした。東日本大震災前の平成22年と、大震災後の平成23年からあとを比較すると、がん患者が極端に増加していた。

 覚えているだろう。東日本大震災の直後にフクイチ(東電福島第一原発)で水素爆発が起き、原子炉が次々炉心溶解を起こした。

 メルトダウンと言う、恐れていた状況である。焼けただれた原子炉からは大量の放射能が流失。風の流れに乗って近県ばかりか、日本中に拡散した。

 安倍政府はガンの多発と放射能の因果関係を絶対に認めない。しかし、無関係と言いきれるだろうか? 

 私は、否である。事実、落語仲間や家族が次から次へとガンにかかった。私自身も3・11以降、目に異常を覚えるようになった。偶然にしては出来過ぎだ。

 これは震災前年と昨年の比較である。

白血病は4人➡46人に、
甲状腺がんは1人➡29人へ、
肺がんは64人➡227人、
肝臓がんは12人➡47人へ
とそれぞれ大幅に増えている。

詳しくはここをクリック
http://m-soma-hsp.com/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/20181212/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック