また起きた米国での銃乱射事件!12人死亡

▼また起きた米国での銃乱射事件!12人死亡

 性懲りもなく、こんなことを繰り返す米国。銃規制の声が上がるたびに、全米ライフル協会が邪魔をする。銃を買ってくれる人がいるからこそ生活が成り立っていると、堂々と規制反対を叫ぶ。

 議会へのロビー活動を活発化させており、トランプには多額の政治献金を献上している。トランプが規制に消極的なのはそのためだ。

 いまだに映画の西部劇そのものの米国。ならず者が罪もない無関係な市民や学生に乱射する。全米に2億5000丁の銃が潜んでいるというからコワくて、一人では歩けない。

**************************

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のバーで7日深夜、男が銃を乱射し、警官1人を含む12人が撃たれ死亡した。

 ほかに十数人の負傷者が出ている。男も店内で死亡しているのが見つかり、自殺したとみられる。地元警察が8日、明らかにした。

 米メディアによると男は29歳。店の前で警備員を撃った後、店内に無言で入り、発煙装置のようなもので煙を発生させながら拳銃を乱射した。

 警察の特殊部隊や連邦捜査局(FBI)などが現場に投入されており、政治的背景の有無やテロの可能性がないかも含め調べている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック