「任命責任」及ぶのを恐れ安倍首相、一切咎めず!

▼「任命責任」及ぶのを恐れ安倍首相、一切咎めず!

 2日の衆院予算委員会で野党は、週刊誌に「口利き」疑惑を報じられた片山さつき地方創生担当相の罷免を要求した。

 これに対し、安倍晋三は「説明責任を果たすと同時に、与えられた職責をしっかりと果たしてもらいたい」と紋切り型の答弁で拒否。

 安倍と言う男は自分に「任命責任」が及ぶのを恐れて、閣僚が問題発言をしたり、カネと政治で不祥事を起こしても、一切咎め(とがめ)ない。放置したままだ。

 こうしたケジメのなさが、“学級崩壊”を生んでいる。

 この流れが政界ばかりか企業にも波及。データ改ざんが発覚しても「ご心配とご迷惑をおかけし」と米つきバッタのごとく頭を下げるだけで、キッチリと責任を取ろうとしない企業だらけとなった。

 さらにセクハラだ、パワハラだと、スポーツ界など各方面に伝染。このままでは“学級崩壊”どころか、日本崩壊である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック