”首相の犯罪”を「なかったこと」にしてはならない!

▼”首相の犯罪”を「なかったこと」にしてはならない!

 「加計学園」(岡山市)が愛媛県今治市に新設した岡山理科大獣医学部が、市に図書費を水増し請求した疑いがあるとして、市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」が7日、近く加計孝太郎理事長と学園を詐欺容疑で松山地検に刑事告発すると発表した。

 記者会見した黒川共同代表は「学園には、はっきりと説明してもらいたい」と話した。加計学園のコンプライアンス推進室は「ノーコメント」としている。 (以上 毎日新聞)

*********************

 安倍晋三は加計疑惑が風化するのを願っているがそうさせてはならない。ハッキリ言って加計疑惑は誰もが認める”首相の犯罪”である。見逃してはならない。民主主義国家で不正は許されない。

 昨年5月、加計学園の計画が「総理のご意向」と書かれた文科省の文書を朝日が報道。文科省が特区を担当する内閣府から言われたもので、「官邸の最高レベルが言っている」とはっきり書いてあった。

 今年4月には元首相秘書官の柳瀬が愛媛県の職員に、「本件は首相案件」と伝えた愛媛県の文書が見つかった。”首相の犯罪”を、「なかったこと」にしてはならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック