野党惨敗!新潟市長選が意味する真実!

▼野党惨敗!新潟市長選が意味する真実!

 新潟市長選は自民党が推す中原八一が接戦を制し当選した。自民党は分裂選挙となった吉田孝志との得票を合計すると野党統一候補の小柳聡の2倍を超えた。

 沖縄での連戦連勝の後だけに注目されていたが、野党にとっては文字通りの大惨敗である。

 翁長雄志・前沖縄県知事の弔い合戦との意味もあったが、沖縄での勝利は国政野党にとって「特例」だったのか。

 いずれにしても今回の新潟市長選での敗北は野党の力不足を露呈したと言っていい。対する安倍自民党には格好のカンフル剤となった。

 自民党選対委員長の甘利明は28日夜、党本部で「保守分裂選挙の中で野党統一候補を破ったのは意義深いことだ」と怪気炎を上げた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック