忌まわしい日米地位協定を結んだのは「あの男」だった!

▼忌まわしい日米地位協定を結んだのは「あの男」だった!

 元経済官僚の古賀茂明が日米地位協定を締結したのは安倍晋三の祖父である「岸信介」だと言った。まったく知らなかった。急いで確認したところ、古賀の指摘した通りだった。

古賀リツイートした。
 「米に押し付けられ70年も改正していない憲法!と叫ぶ人に聞きたい。
米に押し付けられ、同じ敗戦国独伊が抜本改定を行ったのに、日本だけ60年近く改定していない地位協定。首都圏の空は米に支配され、羽田の発着枠拡大ができない。改定しないのは日本が米の属国だからか?」

 「横田空域の占領という米による主権侵害が日本の成長の足かせになることだ。日米地位協定を当時アイゼンハワー米大統領と結んだのは首相の祖父である岸信介首相だった。祖父のレガシーを孫が台無しにできっこない」

 これを受け私が調べた。ブリタニカ国際大百科事典にこう書いてあった。(要約)

 日米行政協定(日米地位協定)。米軍の日本国配備の条件を定めるため、日米両国で取決められた協定。1952年2月 28日調印、4月 28日旧安全保障条約と同時に発効した。

協定は、
 (1) 特に刑事裁判権について徹底した属人主義がとられ、米軍の将兵、軍属およびその家族については日本側にまったく裁判権が認められなかったこと、

 (2) 国民の権利、義務に関連する重要な内容を含みながら、国会承認の手続を経ない行政府間の取決めとされたことなど多くの問題点を含んでいた。

 1960年に改訂された新安全保障条約のもとでは、「日米地位協定」と名称を変えた。

 先の大戦で、ともに敗戦国となったイタリア、ドイツが冷戦後に大使館の土地以外の管理権が自国にあるのに対して、日米地位協定は1960年以来、一言一句改定されていない。

 墜落や米軍関係者による不祥事が起きるたびに「運用の改善」という言葉で国民をだまし続けている。

 米国と正面から向き合わない日本政府にすべての責任がある。

 なぜ、協定の改定に手を付けない?

 いつまで占領を続けさせるつもりなのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック