「消費税10%」が安倍政権の「命取り」となる!

▼「消費税10%」が安倍政権の「命取り」となる!

 安倍晋三は15日の臨時閣議で、消費税率を予定通り来年10月に10%へ引き上げる方針を明らかにし、景気対策の具体化を指示した。

 だが、安倍の”専属テレビ局”であるNHKが明らかにした「消費税率10%に引き上げへ 首相 消費冷え込み対策などを指示」 によると、

ここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181015/k10011672221000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

 とても複雑で、分かりづらい。消費者だけでなく、売る側も混乱するだろう。

 「消費税率10%」は、これから国民を巻き込んだ議論を呼び、大問題に発展するだろう

 安倍は、今から問題提起しておけば、消費者の間に徐々に浸透して”下地”が出来るだろう、などと安易なことを考えているとすれば見当違いだ。

 「消費税率10%」は一人一人の生活、日常生活にかかわる身近な問題だ。馴染みのない改憲問題とは異なる。

 だから消費税は「政権の鬼門」といわれてきた。過去にいくつもの政権が消費税に手を付けて内閣が倒れた。

 1000円の買い物をすると、消費税が100円つく。1万円なら1000円だ。10万円だと1万円。100万円ならなんと消費税が10万円。目の玉が飛び出す額だ。私たちにとって、決して小さな問題ではない。

 私は「消費税率10%」が安倍政権の「命取り」となるとみている。

関連原稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201810/article_135.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック