甘利明の口利き疑惑の前に躍り出た大物逮捕!

▼甘利明の口利き疑惑の前に躍り出た大物逮捕!

 口利き疑惑で、政界の表舞台から退いたはずの甘利明が自民党の三役など重要ポストに復活するという。ちょっと待ってもらいたい。その前にこれをご覧いただこう。

2016年2月3日に投稿したものだ。

▼甘利解明はこれからが本番
 清原逮捕の速報に、「この時期になぜ?」と疑問を呈する投稿が相次いだ。もっともである。清原の薬物疑惑はずいぶん前からささやかれていた。

 内定しながら、”泳がせて”いたのか。もっとも効果的な発表時期を狙っていたのか?あまりにもタイミングが良すぎる。閣僚は辞任したものの、甘利明の口利き疑惑の解明はこれからが本番だ。

 甘利の口利き疑惑に絡み東京地検特捜部が、トラブルの補償金を渡した側のURの事情聴取を始めた。国会では野党が甘利本人の参考人招致を要求した。国民は常態化した自民党議員の「カネと政治」について注視している。

 自民党はスキャンダルが発覚して都合が悪くなると、野党議員の些細な問題をリークし、ケンカ両成敗に持ち込みチャラを狙たり、chさんが投稿で指摘したように、「芸能やスポーツネタ、三面記事ネタで」お茶を濁すことがしばしばだ。

 今回の清原逮捕がそうだと断定はできないが、多くの市民からそう勘繰られること自体が問題ではないか。それほど政治不信は高まっている。

 今後の注目は東京地検がどれだけ本気度を出して疑惑を解明するか、である。元東京地検特捜部の敏腕検事だった堀田力はTBSの報道特集でこう言っている。

 今回の甘利の口利き疑惑は、「典型的な斡旋であり、絶対にお金をもらってはいけない行為でお金をもらっているわけだから、これがやれないならば何の為にあっせん利得罪を作ったのだろう、となる」。

 そして最後に堀田は「検察はここで頑張らなきゃいけないと私は思います」と後輩に檄を飛ばした。

 地検は世論の動きをとても気にする。私たちが強い関心を示し続けることが「事件」解明につながる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック