驚き!安倍晋三が”元祖”靖国神社に参拝していた!

▼驚き!安倍晋三が”元祖”靖国神社に参拝していた!

 終戦記念日の8月15日に安倍晋三は靖国神社に「参拝に行けずに申し訳ない」と代理の者に「自民党総裁 安倍晋三」の肩書きで玉串料を奉納。ところが14日に山口県宇部市にある琴崎八幡宮を公式参拝した。

 実は、この琴崎八幡宮こそが「靖国神社の源流となった神社」だという。リテラのスクープである。こんなことは地元の者以外は知らなかったのではないか。

 琴崎八幡宮のホームページhttp://www.kotozaki.com/about
に経過が克明に記されている。それによると、靖国神社の初代宮司だった青山清(上総介)が琴崎八幡宮で維新決起のため、禁門の変での責を負わされ自刃させられた宇部領主 福原越後の神霊合祀を執り行った。

 その日が1865年5月16日で、それが「招魂社」の始まり。その後、長州藩は藩内で行っていた招魂祭を東京でも行うため、大村益次郎が東京招魂社を建立し、後に靖国神社と改称された。

 これらのことから当八幡宮が靖国神社の源流となった神社である、とPRしている。

 戦意高揚のための装置であり侵略戦争を正当化する靖国神社にあからさまに思いを寄せておいて、「歴史と謙虚に向き合う」と公言する安倍晋三。

 このような歴史観に立つ人間が、改憲によって戦争ができる国に変えようとしていることは恐怖以外の何物でもない。リテラが厳しく批判した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック